アベルトさんのイラストのこと

アベルト・デスラー総統のイラストを描いてみた。
アベルトさん、その行動については?の部分も多かったので十分ツッコミ所はあるはずである。
しかし、いざツッコんでやろうと思うと、全然その気にならないのであった。

おそらくツッコミがいがあるというのは行動の珍妙さとは別にそのキャラクターに因る部分が多いのだ。
キャラクターがあまりに悲哀に満ちていると私は絶対ツッコんだり出来ない。
アニメのキャラであっても精神的に追いつめられているように私が感じてしまうキャラに対してはそんな行為をするのは気が退ける。
私にとってアベルトさんは今もまだツッコメないキャラなのだ。

 

「ヤマト2199」放映が終了して随分たつので、そろそろ私の心の中も多少変化がある。
当初に比べればアベルトさんについてもそんなに怒っていないかもしれない(笑)。
どんだけ怒ってた?相当頭に血が上がっていたと思う。
今は少し冷静になりかけてると思うので、懲りずにイラストを描くことにしたのだ。
イラストを描いて親しみを持とうという気持ちである。(やっぱりちょっと好きなのだろうか?結構好き?…よく分からない・笑)

 

最初シリアスなのを描いてツッコミをかけてやろう!と思ったが、どうしてもその気にならない。
顔を見ると悲惨な感じや、哀れみのような感情が前面に出てきて、ちゃかすなんて気の毒でできないよと気持ちが萎えた。
こんな気持ちじゃ無理無理(苦笑)。
なのでチビキャラに挑戦してみた。
こんなのなら…?と思って描いてみた。これならちょっといけそうである。
しかし本人直接はこれでも気の毒気分がまだまだ払拭できず無理なのでタランサイドからがせいぜいであった。

 

私、出来たらもうちょっと「ヤマト2199」に向かい合いたい気もしている。
とにかく作品から逃げてる状態を克服したいのだ。
このまま「ヤマト2199」に目をつぶって過ごすというのもいやなので、いったい何がそんなに引っかかっているのか直視したいと思っている。
だって新作映画が来年あるとしたら、ちょっと見たい気もするから。
反面見たくない気もする…、やはりもう見ない方がいいかも…、旧作だけで十分だと思うなら、あえて心を乱すようなことには近づかないのが懸命か?
でも、怖いもの(笑)見たさというようなこともあるでしょ?

…ああ、揺れる心である(苦笑)。               戻る