「凪のあすから」最終回前に、うろこ様について考える

うろこ様のイラストを又描いた。

第25話「好きは、海と似ている。」を観て、うろこ様の出番が結構あったので、又々、私の描きたい熱が上がったのだろう。

この回で完全に、まなかと光、ちさきと紡、さゆと要のカップルが成立したといってもいい展開をみせた。

そしてやはり美海がおじょし様の代わりになってしまった。

 

さて、次回はいよいよ最終回、ドキドキハラハラしている。

美海がどうなるのかが、次回の一番の見所だと思う。

私の勝手な予想では、これはきっとうろこ様が展開の鍵を握っているのでは。

 

うろこ様って今までも、所詮自分は海神様の鱗だから、わしには何も変えられん、というような物言いを何度もしていた。

25話でも「所詮肩胛骨の鱗じゃ」と自分の無力感をにじませる発言をしていた。

うろこ様からはいつも諦観と飄々とした態度の下に見え隠れする孤独を感じる。

しかし、この回で「剥がれ落ちた瞬間に海神とは別のものになってしまった」とも言ったうろこ様。

 

では、うろこ様は海神様とは別の人格を持っていて、海神様には逆らえない形の眷属のような存在であるということだろうか。

私はこれを聞いて、やはり、うろこ様は昔、美海の母みをりを、うろこ様個人として好きだったことがあったのでは?疑惑がわいてきた。

 

以前私は海神様が美海の母を?と思っていたこともあったが、海神様ってずっと前に死んで思念となって海に漂ってるってことだから、やはり好きだったのはうろこ様だったと思う。

前にあかりに恋する者の苦しみを語った時、自分は海神様の鱗だったからその気持ちを受け継いでいると言っていたが、あの時の様子、もっとうろこ様自身の心の底からの気持ちの吐露というふうに見えたのはそのせいだったのではないか?

もし、この私の予想の上で最終回を考えるなら、うろこ様は美海をあのままにはしておかないのでは?

しかし、それは海神様に抗することになるので立場上出来ないはず…。

だが、それでもうろこ様は何らかのアクションを起こすのでは?と私は思う。

うろこ様自身の存在を賭けてでも。

 

皆の美海を思う気持ちと、うろこ様の力とで、海神様をなんとかして美海を助けるというふうな結末というのは?…大胆予想、妄想領域である(笑)。

でもこれでは、きっとうろこ様は無事ではすまないだろう…、消え去ってしまうかもしれない。

私としては、それはちょっと悲しすぎるんですが…(涙)。

あと何日かで最終回も観られるので、とにかくその日を心待ちにすることにしよう。

 

ちなみに25話で一番ウケたのは、うろこ様が車(軽自動車?)で移動してきたこと。

「こんな狭苦しい所に閉じこめおって」と言いながら車から降りてきたうろこ様に非常に萌えた私であった。

軽自動車でよいなら、私の車にも是非乗って頂きたいなぁ!(笑)                        戻る