「THE NEXT GENERATION パトレイバー」の大田原を演じる堀本能礼さんのこと

(注・前述ブログの続きになります)

この実写版映画の登場人物たちは旧アニメの登場人物ではなくその後の世代の人々となっている。

アニメ、漫画等を実写化する時、そのままだと元のキャラを知っているファンは抵抗を感じることも往々にしてある。

ファン心理はナイーブなものですから。

その点からもこの作品、次世代のキャラとしたのは賢明だと思う。

キャラのプロフィール面に旧作の面影を残しながらも人物造詣はオリジナル色があって、それを演技で具現してくれた俳優さんたちには皆好感がもてる。


その中で画面に映る度に私が「誰!?この人??!」と目が離せなかったのが大田原を演じている堀本能礼さんである。

この人のインパクトは半端じゃない。

見るたびに、この人破格だ!と思っている。

私の心に渦巻くのは「むさ苦し過ぎる!」という感想だ。

大田原というキャラ設定がずばりその方向だから全くもってそれでいいのだが、むしろ大正解なのだが…。

それににしてもこの俳優さんの存在感は強烈である。

スゴ過ぎる気がする。

この人がこんなに気になっているのは私だけなのだろか?

 

恐る恐る我が家の女子大生にそのことを尋ねてみると、彼女もやはりこの人のことは気になっていたとのこと。

彼女曰く、私が観ていないエピソード1で食事シーンがあって、その場面がたいそう汚かったらしい。

その汚さは大田原の食べっぷりに大いに起因していると彼女は言っていた。

私が観たエピソード2以降でも彼の行動は、見苦しく飲んだくれたり、レイバーに搭乗してはもの凄いテンションで周りの制止を振り切って銃を乱射したりとハチャメチャぶりを遺憾なく発揮しているのだった。

アニメ版の太田もびっくりのむさ苦しさ見苦しさ全開だ。

そういえばアニメの太田ってあまりむさ苦しくはないよね…スゴイ熱血漢だけど(笑)。


大田原を演じる堀本能礼さん、画面に姿を現す度に猛烈に気になる人である。

ネットでプロフィールを探してもあまり情報がないのも余計気になる一因だ。

ただプロフィールの写真など拝見すると大田原キャラとは全く違う印象を受ける(紳士的なというか)。

だからあの粗野な見苦しい感じは演技のなせる技ということだろう。

この役以外の役を演じているのを是非見てみたい気がする。


何年かに一度といった割合でその演技に衝撃的なインパクトを受ける俳優さんに出会うことがある。

例えば「深川通り魔殺人事件」で川俣軍司を演じた時の大地康雄さんとか、「八代将軍吉宗」の徳川家重を演じた時の中村梅雀さんとか。

演技なの?地なの?何なの?ちょっと恐いくらい…状態というか…。

演技を超えた域に達したというか、演技の極みを見せてくれたとでもいいましょうか。

大田原の堀本さんもこれらに匹敵する熱演でしょう。


それにしてもやはり、むさ苦しすぎるぞ!大田原!!(笑)


このように大田原について延々と書いている私はもしかしたらファンになっているのだろうか?

うーん、私の好みのタイプじゃ全然ないと思うのですが…大田原は…(苦笑)。

                 戻る

コメントをお書きください

コメント: 2
  • #1

    とみー (土曜日, 30 5月 2015 21:48)

    堀本能礼さんのファンなんですね(笑)
    実写パトレイバー気になっていたので見てみます。

    原作漫画やアニメは見ていたんですが、なかなか新しいものは手が出ませんね。
    千葉繁さんが出ていたときの実写はみたりしたんですけどー

  • #2

    HEBI (日曜日, 31 5月 2015 21:52)

    とみーさん、いらっしゃいませ。

    私、やっぱり堀本能礼さんのファンになってしまったのだろうか…?うーん確かに、こういう猛烈に気になる!気持ちから人はファンになっていくものなのでしょう…(でも、ほんとにもうファンなの?・笑)。
    いや、きっともうファンなんだと思う…(笑)。